スヌーズレンとは

 スヌーズレンは、オランダのエーデという町にある知的障害を持つ人々が住む施設、ハルテンベルグセンターで生まれた活動とその理念を言います。創始者は、アド・フェルフールさんです。1970年代の半ばからアドさんや近隣の施設でのアイデアや活動から始まりました。スヌーズレンの語源は2つのオランダ語、スニッフレン<クンクンとあたりを探索する>、ドゥースレン<ウトウトくつろぐ>から造られた造語であり、「自由に探索したり、くつろぐ」様子を表しています。どんなに障害が重い人たちでも楽しめるように、光、音、におい、振動、温度、触覚の素材、こんなものを組み合わせたトータルリラグゼーションの部屋が生まれました。出来上がった部屋は、障害を持つ人のみならず、その傍らにいる、介助者にとっても心地いい空間となりました。スヌーズレンは、治療法でも、教育法でもありません。どんな人でも、ありのままの自分が受け止められ、自分で選び、自分のペースで楽しむための、人生の大切な時間です。今では、重い知的障害を持つ人々の分野だけではなく、様々な分野へと広がっています。そしてヨーロッパ本土、イギリス、アジア各国、アメリカ、カナダ、世界中の国々にも広く理念と活動が浸透していきました。特にヨーロッパでは、認知症を持つ老人、精神障害を持つ人々、小児病院、普通幼稚園、町のコミュニティセンターなどにも広がり、あらゆる人が利用し、心地よい時間を過ごす場と認知されるようになってきているのです。ここ日本でも急速な広がりを見せています。

知的障害を持つ人々へのスヌーズレン

 もともとは、重い知的障害がある人々のために考えられた活動と理念です。重い障害を持つ人は、感覚に直接訴える刺激を通して外界を知り、楽しむ、という見解から、柔らかく、優しく色々な感覚を刺激する機器をそろえた空間が作られました。介助者は、障害がある人の自発性と、ペースを大切に体験を共有します。

認知症を持つ人へのスヌーズレン

 認識が困難になり、戸惑いや怒りや、興奮、そして気分の落ち込みのある人々に、スヌーズレンは安心感と安らぎを与えます。オランダのベルナルデスという養護老人ホームで取り入れられ、またたくまにヨーロッパへと広がりました。痴呆がある人の場合、思い出のかけらをたくさんお持ちです。懐かしいもの、音、風景などを取り入れる空間作りの工夫もすすんでいます。

いろいろなスヌーズレンの提供

 ヨーロッパでは、普通幼稚園でもスヌーズレンは当たり前の取り組みです。子どもの成長には様々な感覚刺激が必要だから、そして楽しいから、そんなシンプルで基本的な見解から広がっていきました。2002年、イギリスのウースターというところには、「スヌーズレン・センター」と言えども、町のコミュニティーホールの役割を果たしているところを訪れてきました。疲れた人、お年寄り、障害がある子ども、勤め帰りのサラリーマン、色々な人がいろいろな目的で利用しに来ます。ロビーでは、お茶を飲みながら、コミュニティーの人たちが知り合ったり、励ましあったり、和んだり、そんな場にスヌーズレンがリラックス・サロンのように気軽に利用されている風景に、なるほと・と感じられました。また小児病院では、病室一部屋一部屋にスヌーズレンのアクセントが施されていて、治療の場を暖かく、柔らかい雰囲気にしています。日本でも医療スキルの向上とともに、こんなwellbeingにも心はからって行きたいものですね。

スヌーズレンへの新しい風

 さて、2002年10月にドイツのベルリン大学で国際スヌーズレンシンポジウムが行われ、国際スヌーズレン協会(ISNA)が設立されました。ここでもまず理念を大切にしようと、各国からの実践者、研究家からの確認がありました。スヌーズレンも色々な分野へ、国へ広がり、たくさんの実践が蓄積されました。その中で混同の問題などが明らかに激減した場合、スヌーズレンの効果と言ってもいいのではないか、また、スヌーズレンでの刺激との因果関係を科学的に分析しても良いのではないか、といった発案もありました。またよりよいスヌーズレンの提供のために、機器の持つ刺激としての影響力をもっと研究したら良いのではないか、との発言も多いのです。スヌーズレンにもまた新しい風が吹き始めました。より良いスヌーズレン空間を目指して、やることがたくさんありそうですね。

介助者の気づき

 介助者は、スヌーズレンでの体験を障害を持つ人々と積み重ねることで、同じ命の重さ、違う個性の大切さ、自分らしく生きる素晴らしさを気づいていきます。こんな気づきから、障害がある人を見る目が変わり、静かな革命が起こるのです。イギリスでの話。介助者が自分たちの心の変化を「Gentle Revolution」・優しく心のこもった革命と呼びました。

福祉観の変遷

 社会福祉の考えにも色々な変遷がありました。
chaos(混沌)→segregation(隔離)→normalization(ノマリゼーション)→integration(統合)→inculusion(包括)

 スヌーズレンは25年前、まだ世界がやっとノーマリゼーションを声高に叫んでいた頃、今やっと言われるようになったインクルージョン(包括:みんな違って、同じ)を体現していた、優れた、可能性のまだまだ広がる理念なのです。

       そうです、みんな違って、そして等しい存在の重さを持っているのです